CLOCKDAYS

Good Better Best

簡単で雑だけど美味しいホワイトチキンドリアを作る

こんにちは、今回簡単で雑だけど美味しいホワイトチキンドリアを作ります。今回利用した材料は以下のとおりです。冷蔵庫に残っていた材料だけなので普通のドリアとちょっと違いますが、気にしては行けません。分量もフィーリングで大丈夫です。

  • チキン
  • じゃがいも
  • 玉ねぎ
  • ご飯
  • トマトソース
  • 牛乳(分量以下)
  • 小麦粉(分量以下)
  • バター
    それでは作っていきましょう。

ご飯を炊く

まずはご飯を炊きます。我がシェアハウスには炊飯器がありません。(正しくは去年壊れた)なので、毎回鍋で炊いてます。これ、結構早く炊けるし、美味しいのでおすすめです。今回は少し固めに炊いてみます。

じゃがいも

じゃがいもを一口サイズに切ります。今回は食料庫に残っていたので使ったじゃがいもですが、本来なら入れなくて良いと思います。ご飯があるので。切ったあとはレンジでチンしておくと楽です。

たまねぎ

おにおんを切ります。切り方はおまかせします。手を切らないように気をつけながら切ります。そういえばアメリカの玉ねぎってなんか美味しいですよね。安いし美味しいし素晴らしいと思います。

オーブンを温める

アメリカのご家庭には定番のオーブンです。アメリカで初めて使っているので、未だに使い方がよくわかりませんが、摂氏200℃華氏400°です。留学生に優しい表記ですね。しっかりと温めておきましょう。

チキン

お待たせしましたコストコで購入したチキンです。もも肉です。僕は胸肉よりももも肉が好きなのです。コストコでは骨抜きは高いので骨付きを買ったほうが良いと思います。

炒める

フライパンにバターを引いて、チキンを焼きます。この時点で「あ、もう食べたい」と思いますが、頑張って踏みとどまります。今回作るのはチキンドリアです。

野菜をぶっこむ

切った野菜を入れて炒めましょう。このときにじゃがいも不要説が浮上しましたが、もう遅いので炒めていきます。このときにすこし塩コショウしておきます。

ご飯が炊けたよ

ご飯が炊けました。2合だと大体30分もかかりません。なれると炊飯器よりです。すこし蒸して起きましょう。

ご飯と野菜をケチャップライスにする

ドリアの中身を作ります。炒めた野菜にご飯を投入します。ああ、もう美味しい。
ここでしっかりと味をつけておきましょう。ちなみに我が家にはケチャップが何故か存在しなかったので、パスタソースを利用しました。味が整っているのでおすすめです。(画像以下)これもコストコで買いました。もうコストコないと生きていけませんね。

容器に敷き詰める

炒め終わったケチャップライスもどきを耐熱容器に敷き詰めます。熱々なのでやけどしないように気をつけましょう。ちなみにこの時点で食べても全然美味しいです。

牛乳と小麦粉を混ぜたやつをかける

割合を以下で混ぜたホワイトソースを注ぎ込みます。牛乳とバターをレンジで温めてから小麦粉と混ぜるとよく混ざります。

  • バター30g
  • 薄力粉大3
  • 牛乳400cc

表面が見えなくなるぐらい注ぎましょう。

チーズを積む

チーズは正義です。ということで大量に積みます。このモッツァレラチーズはコストコで買いました。たくさんかけるだけ美味しくなるという方程式は存在するので覚えておいてください。

オーブン

温めておいたオーブンにゆっくり入れます。非常にオーブンが熱いので気をつけましょう。

窓から見える風景はこんな感じです。見てるだけでお腹がうなり始めます。大量にあったチーズもすっかり溶けて見た目は完全にドリアです。

完成

完成しました。ホワイトチキンドリアです。見た目が想像以上にそれっぽくて驚きます。

では、取り分けてみましょう。

うおおおチーズううううチーズは正義いい

すごくおいしい

気になる味ですが、とても美味しかったです。美味しいものを食べてると語彙力がなくなります。

ケチャップの代わりにパスタソースを使いましたが、お陰でしっかりと味が具材についていて、ホワイトソースに味をつけなくても全然大丈夫でした。余っていた具材で簡単にここまで作れるなんて…!

自炊は大変ですが、このホワイトチキンドリアは簡単に作れるので、ぜひ皆さんも作ってみてね。